入部して一年目の飯田君(医学部医学科)にインタビューしました!

 

*)こんにちは!医学部医学科の飯田君にいくつか質問します。勉強と部活で忙しいのに時間割いてごめんなさいね。

 

飯田)いえ、大丈夫ですよ。実際部活をやってることで過去問だとか色々なことを先輩からアドバイスがもらえて勉強がしやすいです。なんで確かに時間は取られますけど、部活をやってて勉強が苦になることはあんまり無いですね

 

*)そうなのか。激務で忙しいと新大キャンパスで話題の医学科の人でも部活をやっていけるんですね!そんな部活を一年間やってきて成長したな、って感じたことありますか?

 

飯田)一番は、目上の人に対しても積極的にコミュニケーションがとれるようになったことですかね。ラグビーというチームスポーツをやるうえでお互いの意思疎通は必須になるので自然と身に付いてました。

 

*)飯田のポジション上、たくさんの人の意見を聞いて最適なプレーを選んだり指示するのがお仕事だからさらに早く身に付いたのかもしれないね。最後の質問ですけど、新大ラグビー部の雰囲気はどうですか?

 

飯田)練習に対しては非常に真面目でありながらも、終始和気あいあいとした楽しい雰囲気です。練習以外の場でも先輩や同期と遊んだりして良いと思います。

 

*)きつい練習、地味なメニューも上を目指すには必須になると思うけど、学生スポーツである以上楽しむ必要があると個人的には思います。きついメニューこそ皆で声を出して励ましあって、地味な練習こそ皆で要点を意識しあう、そんな雰囲気で練習が出来たらなと思います。ラグビーを通して部員皆が楽しめる、仲良くなる、成長するような雰囲気作りをしていきたいと思いますね。

最後はなんか持論を展開してしまいましたが、以上で飯田へのインタビューを終わります。協力してくれてありがとう飯田!飲み会でいっぱい飲もうな!!

 

*)ラグビー部のマネージャーにしてアイドル!こうみえて三年生!先輩風吹かせちゃうぞ!儘田夏帆ちゃんにアンケート取ってきました!!

最初の質問です。マネージャー業務の大変さとやりがいをお願いします!

 

夏帆ちゃん)やめて下さいよ**さん(笑)ラグビーは基本的に外での練習なので、気候が厳しいと思うことがありますね。でもそんな中で、日々みんなが積み重ねた練習の成果が出て試合に勝てた時は一緒に喜ぶことが出来て嬉しいです。

 

*)新潟の天気は、春夏はいいけど、冬が、ね…。夏帆ちゃんは群馬出身だから余計負担に感じちゃうのかも…。試合で勝った時は、自分自身で喜ぶのに精一杯だから、夏帆ちゃんも一緒に喜んでることを知り、私感激です!

次の質問です!二年間新大ラグビー部でマネージャーをして成長したなと感じたことをお願いします!

 

夏帆ちゃん)そうですね、まだ未熟ではありますが、どうしたら部員にとって物事がうまく運ぶかってことを考え、先へ先へと見通しを立てて行動するようになりました

 

*)マネージャーさんたちには見えない所で色々とサポートを受けて新大ラグビー部が成立しています。夏帆ちゃんも三年生なので上級生として後輩に色々と指導する場面が増えてくると思います。部員もマネージャーもお互いレベルアップできるよう頑張ろう!

最後です!『新大ラグビー部ってこんなところだよ!』ってことをPRして下さい!

 

夏帆ちゃん)ラグビー部では仲間、感動、楽しみ、自身の成長と本当にたくさん得るものがあります。一生に残る思い出が絶対できる!!

 

*)サークル等に比べれば部活動なので時間制約等様々な不便は生じてしまいます。しかし、その分ラグビーというスポーツに本気で取り組む中で、全力で取り組まなければ得られない、夏帆ちゃんの言った『たくさん得るもの』があるんだと思います。稚拙な表現かもしれませんが、これでしか言い表せない膨大なものです。熱苦しいと思うかもしれませんが、十分な時間があり一つの目標に全力で取り組める場、は大学生活が最後の場だと個人的に思います。

以上で終わります!夏帆ちゃんありがとうございました!


 

 

第一回アンケートは以下のリンクからどうぞ!

 

http://nurfc-hp-invitation.jimdo.com/interview1/